2012年の世界遺産=その1=

      2013/06/19

昨年、2012年は世界遺産条約が採択されて40年の節目の年になりました。

201202senado

昨年1年間に登録された世界遺産は、文化遺産20件、自然遺産5件、文化と自然の複合遺産1件の合計26件でした。



これにより、世界遺産は合計で962件になりました。

1000件までカウントダウンに入ってきた雰囲気ですね。

それでは、2012年登録の世界遺産のうち、まずは文化遺産をご紹介します。

1.人類の進化を示すカルメル山の遺跡:ナハル・メアロット/ワディ・エルムガーラ渓谷の洞窟群
  イスラエル国

  50万年前の旧石器時代前期のからの文化の宝庫。

2.ゴンバデ・カーブース
  イラン・イスラム共和国

  初期イスラム建築の巨大な霊廟である。

3.イスファハンのジャーメン・モスク
  イラン・イスラム共和国

  イスラム建築の変遷を見ることができるモスク。

4.バリ州の文化的景観:トリ・ヒタ・カラナ哲学に基づくスバック灌漑システム
  インドネシア共和国

  古代の哲学に基づいた水のシステム

5.グラン・ブレの景観
  カナダ

  初期入植者の生活がわかる。

6.グラン・バッサム歴史都市
  コートジボワール共和国

  フランスが19世紀末から20世紀初頭にかけて建設をした植民都市。

7.ヘルシングランドの装飾農場家屋群
  スウェーデン王国

  富裕層の豪華な内装の家屋が7件登録された。

8.水銀関連遺産:アルマデンとイドリア
  スペイン、スロベニア共和国

  巨大な鉱山群。

9.バサリ地方:バサリ族、フラ族、べディック族の文化的景観
  セネガル共和国

  自然との共生が生んだ、独特の生活と文化。

10.上都(ザナドゥ)の遺跡
   中華人民共和国

   フビライ・ハーンが最初に建設した首都。

続きは、また後日に。



 - 世界遺産全般 ,

2012年の世界遺産=その1=

グルメ、世界遺産、観光、テーマパークなどの旅行記

Copyright© グルメと世界遺産と旅行記 , 2013 All Rights Reserved.