旅の記録=2012年2月マカオ編 その1=

      2013/06/11

世界遺産に関する記事を書いていますが、今日から数回のシリーズに分けて、2012年2月に訪れましたマカオの記録を書いていきます。

マカオはどんどん開発されて行っていますので、1年以上経過した今は少し変わっているかもしれません。

しかし、変わらないのは「世界遺産」です。

当時の状況を思い出しながら、自分のための記録としても残しておきたいと考えています。

行ってきた結論から言うと...「ぜひ!!また行きたい」と思わせるいい街です。

↓ 香港、マカオ、台湾、シンガポール...行きたいアジアが見つかる ↓


また、〇〇製紙の会長が起こした事件で、「カジノの街」と言うイメージが強いかと思いますが、
実は、「観光の街」でもありまして、私の当時中学2年生の子どもと共に家族旅行をしてきましたが、
「カジノなし」でもすごーく楽しめました。

まず、マカオの位置から。
中国の珠海市に隣接し、香港特別行政区からも近いのが、「マカオ特別行政区」になります。

macau_ichi

GoogleMap詳細はこちら↓
http://goo.gl/maps/62vsa

気候は、亜熱帯。
沖縄に生息しているような「カジュマル」などの亜熱帯性植物が生息しています。
冬でも比較的暖かいのですが、朝晩が冷えますので、ちょっとだけ厚手のジャケットを持っていきました。

主人が5年前に中国の広州市へ単身赴任をしていた時は、5月にはもう日本の真夏のような暑さでしたから、
今は暑い日々が続いていると思います。

また、マカオはポルトガル領だったことから、ヨーロッパ特有の「石畳」の道も多いです。
「石畳」って、慣れていない日本人の足には負担が大きいので、できるだけ歩きなれた靴や
運動靴
の方がいいかもしれません。

管理人は、愛知県在住。

出発の空港は、中部国際空港=通称セントレア=になります。

マカオまでの直行便が出ている空港は、成田空港と関西国際空港からでした。
今でもそうなのかな?曜日による運航だったみたいです。

交通アクセスとしては、セントレア ⇒ 香港国際空港 ⇒ マカオフェリーターミナル 
中部から行く場合はポピュラーな行き方になります。

管理人の主人は、セントレアで預けた荷物が、マカオまでそのまま行ってしまうのを嫌い、
冬にもかかわらず(厚手の衣服で荷物が多くなる)、「機内持ち込み手荷物」にしてしまい、
預けることはしませんでした。

まあ、よほどのことがない限り大丈夫だとは思いますが、その後、フェリーを見て
「あらまあ...」と思ったのは事実です(^^;

その2は、出発からマカオ到着までを書きますね。



 - マカオ, 世界遺産=文化遺産編, 旅の記録 , ,

旅の記録=2012年2月マカオ編 その1=

グルメ、世界遺産、観光、テーマパークなどの旅行記

Copyright© グルメと世界遺産と旅行記 , 2013 All Rights Reserved.