2020年1月5日京都プチ旅行

   

平安神宮

2020年1月5日京都プチ旅行

2020年1月5日は、ある目的があり、京都へ行きました。
京都へ行くのなら、少しくらいは観光しないとね!
ということで、移動距離が少ない範囲で観光をしました。

愛知県から京都へ

午前8:30頃に愛知を出発。
名神高速は比較的スムーズでした。

上りが、時折Uターン渋滞していました。

今回は最終目的地が平安神宮近くでしたので、
車を停めるコインパーキングもその付近で探しておきました。
京都東ICで下りて、下道へ。
午前10:50頃に平安神宮付近に到着しました。
コインパーキングはまだ空車だったので予定通り停めました。

この日の京都は、曇ったり晴れたり雨降ったりで、
とても寒かったです。

平安神宮

まずは、平安神宮へお詣り。
初詣の方も大勢いました。
平安神宮

祇園から六波羅蜜寺まで

次に、バスに乗って祇園へ。
目的地は、六波羅蜜寺。

祇園のバス停で下りて、花見小路へ行くと、観光客が大勢いました。
午前中は、日本人と白人が大半でしたが、
午後になると、中国人の団体ツアーが何グループも来ました。

これかな?京都が中国人だらけというのは?

スマホの道案内を見ながら、建仁寺の北側を通過して、
スマホの指示通り曲がると、目的地より前に面白そうな神社が出てきました。
京都ゑびす神社です!

京都ゑびす神社

都七福神の上、ご利益ありそう?
と、考え、寄ってみました。
恵比寿様、仕事運、金運の爆上げお願いします!
と、お願いをしてから、さらに歩きました。

スマホの案内から道の標識を見て六波羅蜜寺へ到着。
六波羅蜜寺も都七福神の神様がいらっしゃいます。
いらっしゃるのは弁財天様
言語、音楽系だけでなく、金運、財運の神様としても有名。
金運、財運のお願いをしました!

寺内には、平清盛公の塚、阿古屋の塚がありました。
六波羅蜜寺平清盛公の塚

六波羅蜜寺 阿古屋の塚

六波羅蜜寺を開山されたのは、空也上人です。
こちらのご遺構は、曹洞宗開祖の道元禅師のものです。
六波羅蜜寺 道元禅師説法遺構

少しお寺の中にいたら、続々とタクシーが止まり、
芸妓さんや舞妓さんが降りてきました。
しかも、次から次へと。
それを知っていた観光客?地元の方?もいらっしゃったのか、
カメラのシャッターを押す音もしていました。

いまだに何があったのかよくわかっていません。

十割蕎麦専門店 10そばでご飯

目的の参拝も終わりましたので、元来た道を戻っていき、
お昼ご飯にカウンターだけのお蕎麦屋さんへ入りました。

十割蕎麦専門店 10そば
http://10soba.com

注文方法は、食券形式。
最初に食券を買って席に着きます。
寒かったので、あたたかいそばが食べたくて
きつねそばを注文しました。
10そばのきつねそば

お客さんのほとんどが「豚つけ麺」を注文していましたので、
豚つけ麺が一押しなのかな?と思いました。
また行く機会があれば、豚つけ麺を頼んでみたいと思います。

最後にそば湯をくれるサービスがありました。
おそばはとてもおいしかった。
汁もだしがきいてとてもおいしかったです。
関西なので薄味ではありますが、だしが美味しいと
汁を全部飲みたくなります。

そういえば、名古屋の方では、きつねそばって珍しいかも。
きつねといえば、うどんの方が思い浮かびます。

再び、四条通を目指して歩き、よーじやへいきました。
行き先は、よーじや祇園店。
https://www.yojiya.co.jp

定番のあぶらとり紙を購入。
再びバスに乗り、目的地へいきました。

目的のことを終えて、帰宅時はすでに夜。
夜の名神高速を帰宅していきました。

また京都へ行きたいなあ...

<スポンサードリンク>

 - 京都, 旅の記録 , , , ,

2020年1月5日京都プチ旅行

グルメ、世界遺産、観光、テーマパークなどの旅行記

Copyright© グルメと世界遺産と旅行記 , 2020 All Rights Reserved.